アナウンサー日記

top

感無量

2016/9/13 更新

三宅宣行

広島で過ごした学生時代以来、二十数年来のファンとして、我が事のように感無量な出来事でした。
プロ野球・広島東洋カープが25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たしました。
1 IMG_20160910_225820.jpg
歓喜に沸く広島の街にその瞬間いられませんでしたが、我が家でテレビ観戦し、広島お好み焼きを作ってお祝い。緒方監督、黒田投手、新井選手の胴上げに ジーンときました。
DSC_2688.JPG
ベテランに加え、カープで育った選手たちが躍動した今シーズン。原爆からの広島の復興の象徴として誕生し、いくつもの苦しい時期を乗り越えてきたカープ。今日に至るまで「選手育成」の方針をぶれずに貫いた結果のこの優勝は 本当に価値があるものだと私は思います。

さあ、この後はクライマックスシリーズを勝ち抜いて日本シリーズに進出し、熊本出身の古葉竹識さんが率いた1984年以来 32年ぶりの日本一を達成してもらいましょう!
IMG_20160911_200345.jpg
今年はまだまだ「鯉の季節」は終わりません!

球児の夏から文化の秋へ

2016/9/2 更新
今崎 宏美

みなさんはこの夏、どんな思い出ができましたでしょうか?
私は連日、高校野球の取材にでかけていました。
一時は地震の影響で藤崎台県営野球場での開催が危ぶまれた熊本大会。

感謝の旗20160901.jpg
(熊本大会に出場するチームのキャプテンがメッセージを書いた旗)

熊本の球児たちは感謝の気持ちを胸に、たくさんの熱いドラマを私たちに届けてくれました。

球児の夏20160901.jpg

甲子園をかけて20160901.jpg

3年生にとって夏は最後の大会。白球を一生懸命、仲間と追う姿に目が離せませんでした。
甲子園、頂点を目指すナインの全力プレーを追いかけた時間は、とても貴重な経験となりました。

そして連日の猛暑にちょっとバテてしまいそうだった8月のとある休日、
水前寺成趣園を訪れました。涼しげな風景に心が和みます。

水前寺成趣園20160901.jpg 鯉20160901.jpg

そして、水前寺成趣園の美しい山のように?美味しそうなカキ氷を発見!!!

かき氷20160901.JPG 発見20160901.JPG

いやしい、、、いやいや、癒しの時間で夏バテせずに猛暑を乗り切ることができました。

さて、暑さは残りますが季節は秋へ。食欲の秋、芸術の秋、いろいろありますが
映画で文化の秋はいかがでしょう。KKTでは定期的に映画の試写会を開催しています。

試写会20160901.JPG 試写会②20160901.JPG

KKTのホームページに試写会の情報を掲載しますので、ぜひご応募ください!




宮城の海の幸を満喫

2016/9/1 更新
本橋馨

24時間テレビ企画の取材で、宮城県気仙沼市を訪ねました。

160901_01.jpg

東日本大震災から5年以上たちますが、東北では今も仮設住宅で暮らしている被災者が数多くいらっしゃいます。
熊本の被災地はこれから仮設住宅での生活が本格化しますので、
宮城の皆さんから、これまでの経験談をお聞きしたかったんです。

とても貴重なお話を聞くことができましたが、
今回は他にも大きな収穫がありました。

それは「ホヤ」は旨い!

熊本で食べたホヤは、味も臭いもクセが強くて駄目でした。

しかし本場は違いますね。
気仙沼のお店で食べたホヤは別物でした。

160901_02.jpg

やわらかくて甘みがあってクセも感じません。
なんと言っても鮮度が違いますよね。
日本酒との相性が抜群です。

そして初めて食べた魚料理が「ハーモニカ」。
熊本人には、なんの料理か全くわかりません。
女将さんが出してくれたのは、魚の煮つけです。
メカジキのヒレの付け根部分を、気仙沼ではハーモニカと呼ぶそうです。
ヒレの部分だけあって、軟らかいのに筋肉質の食感。
これもうまかぁ~!

でもなぜハーモニカ?

その答えは食べ終わってから判明しました。
骨の形がハーモニカに似ているからなんですね。

160901_04.jpg

さすがメカジキの水揚げ量が日本一の気仙沼。
熊本では味わえない海の幸を堪能しました。

さいごに、仙台市のお店で見つけたこのメッセージ。

160901_03.jpg

レジに置かれていた募金箱には、
「熊本地震への支援、ご協力お願いします」と書かれていました。

甚大な被害を受け、今も復興途中だというのに
私達熊本のことまで気遣って下さる方々が大勢いらっしゃいます。

胸がジ~ンと熱くなりました。


ありがとう、東北!
がまだすばい、熊本!!

エントリー

バックナンバー

アナウンサー