アナウンサー日記

top

宮城の海の幸を満喫

2016/9/1 更新
本橋馨

24時間テレビ企画の取材で、宮城県気仙沼市を訪ねました。

160901_01.jpg

東日本大震災から5年以上たちますが、東北では今も仮設住宅で暮らしている被災者が数多くいらっしゃいます。
熊本の被災地はこれから仮設住宅での生活が本格化しますので、
宮城の皆さんから、これまでの経験談をお聞きしたかったんです。

とても貴重なお話を聞くことができましたが、
今回は他にも大きな収穫がありました。

それは「ホヤ」は旨い!

熊本で食べたホヤは、味も臭いもクセが強くて駄目でした。

しかし本場は違いますね。
気仙沼のお店で食べたホヤは別物でした。

160901_02.jpg

やわらかくて甘みがあってクセも感じません。
なんと言っても鮮度が違いますよね。
日本酒との相性が抜群です。

そして初めて食べた魚料理が「ハーモニカ」。
熊本人には、なんの料理か全くわかりません。
女将さんが出してくれたのは、魚の煮つけです。
メカジキのヒレの付け根部分を、気仙沼ではハーモニカと呼ぶそうです。
ヒレの部分だけあって、軟らかいのに筋肉質の食感。
これもうまかぁ~!

でもなぜハーモニカ?

その答えは食べ終わってから判明しました。
骨の形がハーモニカに似ているからなんですね。

160901_04.jpg

さすがメカジキの水揚げ量が日本一の気仙沼。
熊本では味わえない海の幸を堪能しました。

さいごに、仙台市のお店で見つけたこのメッセージ。

160901_03.jpg

レジに置かれていた募金箱には、
「熊本地震への支援、ご協力お願いします」と書かれていました。

甚大な被害を受け、今も復興途中だというのに
私達熊本のことまで気遣って下さる方々が大勢いらっしゃいます。

胸がジ~ンと熱くなりました。


ありがとう、東北!
がまだすばい、熊本!!

エントリー

バックナンバー

アナウンサー