アナウンサー

本橋馨アナウンサー日記

2007/11/20 更新

中井貴一さんと共演!?

一生の思い出となりました。かおる、感激!
なんと、時代劇の大作に私が出演するのです。
しかも、中井貴一さんとの共演!!と言いましても「切られ役」ですが・・・。
きっかけはテレビタミンの放送中、大衆演劇のスター・玄海竜二さんとの会話です。

玄「モッちゃんが出たいなら、映画に出そうかな」
本「えっ、本当ですか?」

その映画とは、痛快時代劇「次郎長三国志」です。
中井貴一さんや鈴木京香さんなど豪華俳優陣が名を連ね、監督はマキノ雅彦さん(津川雅彦さんの監督名)というそうそうたる顔ぶれの大作です。

この映画に殺陣師として参加しているのが、玄海竜二さん。10年ほど前から、津川さんや中井さんと交流がある玄海さんだからこそ実現できる夢のようなお話です。
11月11日、半信半疑で東京の日活撮影所へ。
ホントに私、役をもらえたんですよ。
竹内力さん扮する親分(悪役)の手下役です。しかも、映画の大詰めとなる重要な殺陣シーン。
次郎長役の中井さんに「この野郎!」と叫びながら飛びかかり、あえなく切られる役です。一瞬のうちに切られて画面から消えるので、私の出演時間は、およそ1秒!

でも幸せです。だって何回もリハーサルを繰り返し、1カットを撮影するのに要した時間は、なんと5時間!!そんな時代劇の大作にかかわれただけでも私は幸せ者です。

玄海さん、そしてマキノ監督をはじめスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

「次郎長三国志」は、来年秋に全国ロードショーです!